キャッシング ギャンブルが原因で返済が滞った場合

キャッシングの返済がギャンブルが滞った場合、自己破産の免責が認められなくなると勘違いしている人が多い気がします。酷いサイトになると、免責の不受理理由にギャンブルが入っていたりと説明するサイトもある様ですが、これは完全な間違いです。

基本的に生活費とギャンブル費が家計として同一であった場合は、自己破産の免責が認められます。自己破産は弁護士が免責理由を書いて申請した場合は99パーセント、受理されていますのでギャンブルが理由であっても認められると証明されています。

ただし、弁護士が自己破産の申請手続きを受任しない場合があります。この場合は借金の額が少ないなどの理由があり、自己破産をしなくても自分で返せる水準にある状態です。
加えると自己破産は一度行うと再度のめんせきはよっぽどの事が無いと認められなくなりますので注意して下さい。