ミスからゼロウィーク分の金利を払うハメになった

カード貸出の無利息サービスを利用して月賦を皆済したつもりでしたが、結果的にははじめ週分の金利を支払うことになりました。手助けが適用される起算太陽を自分が勘違いしていたことが発端なので、融資していただいた職場はなんら酷くはありません。生まれたばかりのわが乳幼児が重病をしてしまったので、いきなり12万円のオペ費用が必要になりました。
当時は8万円しか助かるお金が無く、残りの4万円を近くなどから金策することは諸事情により難しかったのです。そこでカード貸出を利用することを検討するようになり、調べてみると30日間の無利息サービスを提供している会社があることを知りました。金利は0円に越したことがありませんので、自分は次の金太陽に一元返済することを目標にカード貸出の調査依頼を行いました。私の希望通りの結果になり、30太陽以内に返済すれば無利息で借り入れることができる威光を得たのです。しかし、真に返し終わってみると自分にははじめ週分の金利の受領義務が課せられることになりました。
自分が利用したカード貸出のシチュエーション、契約を結んだ状態が無利息手助けの起算太陽だったようです。それを自分は勘違いしていて、融資を受けた太陽が起算太陽であると思い込んでいました。